好みも分かれるタッチ対応パソコン

タッチ対応パソコンをご存知でしょうか。今、徐々にタッチ対応パソコンが増えつつあります。

 

タッチ対応パソコンとは文字通りの意味を持っており、モニターがタッチ機能を搭載しているため簡単なタッチ操作が可能となっているのです。

 

スマートフォンに慣れている人にとっては嬉しい機能なのではないでしょうか。

 

またパソコンによってはペンにも対応しているため、イラストが趣味なら今までよりも描きやすくなるかもしれませんね。

 

ただし筆圧が強すぎるとモニターに傷つく可能性がありますので要注意。タッチに対応しているとはいっても“完璧”ではないのです。

 

筆圧が強いならペンタブレットを使った方が安全ですね。

 

タッチに対応したことによりさらに体感的な操作が可能となったのですが、実はこの“タッチ対応パソコン”は賛否両論となっているのです。

 

「腕を半分あげたままの状態で操作をするのは疲れる」「パソコンを仕事に使っているがタッチで操作をすると遊んでいる気分になる」「スマートフォンとは別物なのでやはりマウスで操作したい」「モニターを別に購入したがタッチ非対応だったので操作がしづらい」など。

 

タッチ操作が快適に感じるのはスマートフォンだからこそであり、それがパソコンになると快適どころか不便になってしまうようです。


このページの先頭へ戻る